blog

廃車手続きは自分でできないと言われる理由を解説!

  • コラム

廃車手続きは、車を手放す際に避けて通れない重要な手続きです。

廃車の手続きは自分で行うことは一応可能ですが、必要な知識や準備する書類が多いのであまりおすすめはしません。運輸支局に足を運んでからの手続きになりますし、時間もかかります。

今回は、自分で廃車手続きを行なわずに業者に依頼した方が良い理由を簡単に紹介しますので、参考になれば幸いです。

廃車の手続きとは

ご自身で手続きを行う際に、まず再確認すべきことは、そもそも「廃車とはどのような意味なのか」です。

なんとなく理解していても、ご自分で行う際にはこのようなことから改めて考える必要があります。

廃車とは、車の登録を抹消し、公道を走れない状態にすること、またはその車両そのものを指します。

公道を走れなくし、自動車税を止めるために行う抹消登録手続きには、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があり、それぞれに違いがあります。

「一時抹消手続き」と「永久抹消手続き・解体届出」の違い

車両の一時抹消手続きと永久抹消手続きは、どちらも自動車を公道から除外する手続きですが、その期間や目的に違いがあります。 

一時抹消手続き

まず、一時抹消手続きは、一定期間、自動車を使用しない場合に行う手続きです。
具体的には、自動車を一時的に保管したい場合や、海外転勤などで一定期間自動車を使用しない場合など、とりあえず一定期間使用しない場合に行います。

また車屋さんが店頭に並べているナンバーが付いていない車もこれに該当します。

この一時抹消が行われた車の場合、ナンバープレートを外している期間は自動車税の納付が必要なくなります。
また車が必要となった場合に自動車を再登録(車検を受けて使用する)することができます。

関連記事:「一時抹消手続きとは? 必要書類(普通車・軽自動車)と流れを解説

永久抹消手続き(解体届出)

一方、永久抹消手続きは、自動車を廃棄処分する場合に行う手続きであり、自動車を物理的にも、また書類登録上も完全に抹消(処分)することを目的としています。

永久抹消手続きは実際に車両をリサイクル法許可業者に持ち込み、車両の解体が完了したという解体報告の通知後に自動車登録を抹消することで、物理的にもまた書類登録上も抹消してしまう手続きです。

この永久抹消手続きは、手続きする際に解体報告記録日とリサイクル券番号が必要となるため、車両所有者が自ら手続きを行うこともできますが、リサイクル法の解体業許可解体業者に代行依頼することもできます。

また永久抹消手続き完了後は、現実にも車は存在しませんのでもちろん再登録はできなくなります。

つまり、一時抹消手続きは、期間限定で自動車を公道から除外する手続きであり、永久抹消手続きは、自動車を完全に廃棄処分する手続きであるという違いになります。

実際に行なわれる廃車と言われる流れは、まず一時抹消手続きを行い(自動車税を止める)、その後にリサイクル法許可業者にて解体完了後に永久抹消するという流れが多いと思います。

関連記事:「廃車の手続きの流れや費用相場を熊本の廃車のプロが解説します

廃車手続きを自分で行わない方が方が良い理由

上記のことをふまえ、運輸支局にて手続き自体は可能ですが、それでもあまりおすすめしません。

ここでは、さらに踏み込んで「廃車手続きを自分で行わない方が良い理由」を解説します。

解体・引取り時に手続きを代行してもらえる

手続きはできても、解体などの物理的な作業はできないかと思います。

さらに永久抹消するためには解体することが必要ですが、自分で解体することは不可能ですので、結局、廃車買取業者や解体業者への依頼が必要です。

その際に通常は手続きも代行してもらえます。
手続きの代行にお金がかかるのではないかと思われるかもしれませんが、お金がかからない業者もありますので、自分で手続きを行うよりは無料で手続きを代行してくれる業者を調べた方が早く済みます。

熊本県内であれば「田島車輌」が手続きを無料で代行いたします!

さらに県内どこでも引き取りに伺いますので、任せて頂きますとお客様のご負担を最低限まで軽減します。

ぜひお気軽にご連絡ください!

電話番号:0120-393-181
LINEで相談したい方はこちら

必要書類が多い

ただ単に手続きに行けばいいという話ではなく、事前に準備する書類が多く存在します。

自動車保有関係のワンストップサービス(OSS)というサービスができたことで、手続きが簡単になったかと思いきや、OSSでも廃車に関しては業者への依頼を前提とした案内をしています。

現に手続きに必要な書類が、業者でなければどこで手に入るのかよくわからないようなものばかりです。

さらに、車検証が必要とされていますが、注意点として、現在は、電子車検証への移行期間として、現在車検証の他に「自動車検査証記録事項」という書類に書かれた情報が必要です。

このように割と引っかかりやすい項目があったりするので、業者に任せた方が不備なく進むため、自分で行なわない方が良いと言われています。

熊本の廃車買取「田島車輌」にご依頼していただいた場合の必要書類はこちらです。

これでも多いと思われるかもしれませんが、個人情報関連の書類ですのでご容赦ください。

熊本の廃車買取でご不明な点があればお気軽にご相談ください。

電話番号:0120-393-181
LINE

時間も費用もあまりかからない

このように何かと面倒な廃車手続きですが、ご自身で行いたいという方は、コストを削減したいという方がほとんどのようです。

しかし、先述した通り解体・引取り時に手続きまで行なってもらえる場合がほとんどです。無料の業者も多くありますので、一旦近場で探してみることをおすすめします。

手続きの流れを調べるよりは、廃車の業者の情報を調べた方が早く解決する可能性も高いと思われます。

熊本の廃車買取なら田島車輌へ

熊本の廃車は田島車輌にお任せください。

県内全域、車の引取りから書類の手続きまで代行いたします。

もちろん代行費用などもいただいておりません。時間もコストも削減できます!

ぜひお気軽にご相談ください。

電話番号:0120-393-181
LINEでのお問い合わせはこちら